サービス向上計画電車サービス向上計画

電車サービス向上計画の実施状況 

電車サービス向上計画の実施状況をお知らせいたします。

路線の再編

駅前大橋ルート

広島市においては、広島駅南口広場の再整備等について、地元説明会や議会等からの幅広い意見を踏まえ、西日本旅客鉄道(株)や当社の同意を得て、 平成26年9月2日に「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」(以下、「基本方針」)を決定・公表されました。
基本方針では、広場への路面電車の進入ルートは、駅ビル敷地を活用し、路面電車を高架とする駅前大橋ルートとされており、 加えて、段原一丁目、的場町、八丁堀、紙屋町、市役所前、皆実町六丁目を通る市内中心部の循環ルートを導入することとしています。
完成予定は、平成30年代半ばとされており、当社としましても広島市及び西日本旅客鉄道(株)と連携して、早期整備に向けて取り組みます。

平和大通り線

引き続き、具体化がなされるよう関係機関と協議を進めてまいります。

超低床車両の導入

新型超低床車両1000形の導入 (平成25年2月15日 運行開始)

市内線での運行を目的としたワンマン仕様の新型超低床車両(全長18.6m)を平成24年度より導入し、これにより市内線全系統において超低床車両が運行されることとなりました。これからも引き続きバリアフリー化を進め、利便性向上を図ってまいります。

1001・1002号

PICCOLA(左)、PICCOLO(右)

1003号

グリーンムーバーLEX

車号 営業運行開始日
1001号、1002号 平成25年2月15日
1003号、1004号 平成26年2月1日
1005号 平成26年2月17日
1006号 平成27年1月11日
1007号 平成27年2月1日
1008号 平成27年3月1日
1009号 平成28年1月29日
1010号 平成28年2月20日
1011号 平成29年1月27日
1012号 平成29年2月20日

本線~白島線の直通運行開始 (平成25年2月15日 運行開始)

直通運行開始により、八丁堀電停での乗換えが不要となり、白島方面と紙屋町方面のご利用が便利になりました。直通運行する白島行き電車は八丁堀電停でのりばが異なりますので、ご注意ください。
最新のダイヤ・運賃は「電車時刻運賃検索」でご確認ください。

ICカード利用者の更なる利便性向上

全扉乗降方式

全扉乗降方式については、平成23年度にICカード利用者を対象に試験車両の運行を実施しました。今後は、全扉乗降方式導入に向けての検討を深度化することが必要であると考えております。

全扉乗降方式実験車両

試験車両

駅・電停の整備

本線 八丁堀・立町電停の改良 (平成28年3月28日 完成)

八丁堀・立町電停は、市内中心部にあり乗降客数が多く、上屋の無いところでは炎天下の電停利用時にご不便をおかけしており、特に雨天時には傘を利用するために電停内がお客様であふれ、安全上の懸念がありました。 今回の改良で、電停上屋の延長と併せて、スロープ長を延長することにより勾配をなだらかにし、お客様の利便性の向上とバリアフリー化を図りました。

電停名 スロープ長 上屋長
八丁堀 上り 3.0
(2箇所)
2.0
(2箇所)
45.36 21.60
下り 3.0 2.0 41.04 17.28
立町 上り 3.0 2.0 28.08 19.44
下り 3.2 2.0 28.08 19.44

八丁堀上り電停

八丁堀上り電停

八丁堀下り電停

八丁堀下り電停

立町上り電停

立町上り電停

立町下り電停

立町下り電停

宇品線 県病院前電停の改良 (平成26年12月15日 完成)

県病院前電停は、近隣に病院、大学、商業施設等があるためご利用が多いものの、下り電停の上屋が短く、また上下電停とも安全柵の高さが低いなど安全上の懸念がありました。
このため、下り電停の上屋を19.8m延長し24.1mとし、また上下電停の安全柵を既設のものより0.3m高い1.1mの安全柵に交換することで、お客様の利便性と安全性の向上を図りました。

県病院前上り電停

県病院前上り電停

県病院前下り電停

県病院前下り電停

江波線 江波電停の改良 (平成26年3月25日 完成)

平成24年度から江波線に超低床車両(1000形)が導入され、江波電停は恒常的に超低床車両が停車しておりました。ところが、歩道を電停として使用していたことから、下り電停においては、電車乗降口以外は自転車が駐輪されている状況でした。また、ホーム高は15cmと低く、超低床車両の乗降口とホームとの段差は18cmとなっていました。
このため、ホームのかさ上げ(上り・下り15cmかさ上げ)、電停の島状化(下り)等を行い、バリアフリー化及びお客様の利便性・安全性の向上を図りました。

江波上り電停

江波上り電停

江波下り電停

江波下り電停

本線 土橋電停の改良 (平成26年2月28日 完成)

土橋電停は、計5系統(2号線、3号線、6号線、8号線、9号線)が集中する乗換え電停であることから、お客様が多く、特にラッシュ時等の多客時には、お客様が電停からあふれることも少なからずあり、安全上の懸念がありました。
このため、プラットホームの有効幅員を上りでは0.3m拡げ1.7m、下りでは最大0.8m拡げ2.0mに改修し、上屋については9.5m増設し33.3mにしたことで、 雨の日に傘をささずにお待ちいただける等、安全性の向上を図りました。さらにスロープ部においては勾配(8.3%)をなだらかにすることで、 ご高齢の方や障害のある方、ベビーカー等でご利用の方も利用しやすくなりました。

土橋上り電停

土橋上り電停

土橋下り電停

土橋下り電停

江波線 舟入川口町電停の改良 (平成25年3月18日 完成)

舟入川口町電停は、近隣に広島市立舟入高校があり、お客様が多く、地元町内会からも上屋延長を望む声がありました。このため、安全柵と背板を一体化することでホームの有効幅員を0.15m拡げ、上りホームは1.45mに、下りホームは1.15mに拡幅しました。 あわせてこれまで上下ホームとも4.32mだった上屋をテント化し、上りホームで約25m、下りホームで約21m延長したことで、雨の日でも傘をささずにご利用いただける等、お客様の利便性、安全性の向上を図りました。

舟入川口町上り電停

舟入川口町上り電停

舟入川口町下り電停

舟入川口町下り電停

情報提供システムの整備

ロケーションシステムの高度化 (平成28年3月 時点)

以前のロケーションシステムでは表示できなかった行先の名称と号線を表示するとともに、「到着時間」「電車の種類」「英語表記」の表示を定期的に繰り返し、電車のご利用に不慣れな方にも分かりやすくしました。今後も、計画的に高度化を進めてまいります。
なお、平成27年度の整備により、宮島線途中駅のすべてに新ロケーション表示器の設置が完了しました。

情報提供システムの整備
年 度 新ロケーション表示器設置箇所
(17電停、19駅、他1箇所)
平成19年度 八丁堀、紙屋町東、紙屋町西、原爆ドーム前、土橋
平成21年度 市役所前、皆実町六丁目(宇品線)、紙屋町シャレオ(地下街中央広場)
平成22年度 十日市町(本線)、皆実町六丁目(皆実線)十日市町(本線)、皆実町六丁目(皆実線)
平成24年度 本通、広電本社前、宇品二丁目
商工センター入口、広電五日市、楽々園、廿日市市役所前、JA広島病院前、広電廿日市
平成25年度 山陽女子大前、宮内、地御前、阿品東、広電阿品
平成26年度 佐伯区役所前、修大附属鈴峯前、草津、古江
平成27年度 立町、南区役所前、県病院前
東高須、高須、草津南、井口
平成28年度 鷹野橋、八丁堀(白島線)

電車運行情報提供システム (平成25年3月8日全線運用開始)

電車ロケーションシステムの情報から、各電停・駅における全車両の電車到着予測時間を、パソコンや携帯端末に配信するシステムです。低床車両をご利用になられるお客様に対しては、低床車両のみの表示も可能です。
平成23年度に市内線における運用を開始し、平成25年3月8日より宮島線の運用を開始しました。

位置情報表示画面(パソコン画面)

様々な車両の展示

携帯電話表示画面

電車を下から見学

路面電車まつりの開催 (平成29年6月11日 開催)

広島電鉄千田車庫において「第22回路面電車まつり」を開催し、多種多様なイベントを行いました。今年は、車両展示、車庫見学やミニ電車の走行などを実施し、多くの電車ファンやお子様連れで賑わいました。当日は一時雨が降る天候でしたが、約18,000人のお客様にご来場いただき、盛会のうちに終了することができました。

様々な車両の展示

様々な車両の展示

電車を下から見学

電車を下から見学

体験電車の様子

体験電車の様子

ミニ電車の走行

ミニ電車の走行