車両紹介 ‐ 連接車

2000形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1962年・63年
編成数 1編成(2両連結車)
定員(座席数) 174人(72人)
自重 38.12t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
24,280mm×2,440mm×4,184mm
車体製造所 広島電鉄
広島電鉄自社で製造した鉄軌道直通運転専用車両です。1974年に単車から2両連結車両に改造して運行していましたが、2009年10月16日をもって定期運用を離脱しました。(現在は営業運転しておりません)

3000形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1954年〜64年
編成数 7編成(3両連接車)
定員(座席数) 180人(76人)
自重 30.09t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
25,250mm×2,400mm×3,940mm
車体製造所 日立製作所、汽車製造
西鉄福岡市内線を走っていた車両を1976年に西日本鉄道株式会社から購入し、広電初の3両連接に改造した車両です。移籍当時は宮島線への直通運転を行っていましたが、現在は全編成が市内線での運行となっています。

3100形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1961年・64年
編成数 3編成(3両連接車)
定員(座席数) 130人(64人)
自重 34.1t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
25,310mm×2,440mm×4,170mm
車体製造所 ナニワ工機、広島電鉄
1985年に2500形を3両連接に改造した車両です。かつては3000形同様、ピンクの塗装で走っていましたが、現在は「ぐりーんらいなー」のカラーリングで統一されています。3103号は1988年の原爆記念日に、西ドイツの画家ジョー・ブロッケルホフ氏により車体にスプレー画が描かれ、「ピースバーン号」として1995年まで運行されました。

3500形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1980年
編成数 1編成(3両連接車)
定員(座席数) 156人(52人)
自重 38.4t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
26,300mm×2,470mm×3,820mm
車体製造所 川崎重工業、アルナ工機
日本鉄道技術協会によって開発された、わが国路面電車高性能化の礎となった元祖軽快電車です。入線当初は協会の所有物で車籍のみの編入でしたが、1981年に広電が購入しました。チョッパ制御、回生ブレーキ、両手ハンドルのマスコンなどの最新技術は、のちの800形、3700形の開発に大きな影響を与えました。

3700形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1984年〜87年
編成数 5編成(3両連接車)
定員(座席数) 140人(68人)
自重 37.2t・37.5t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
26,680mm×2,450mm×3,820mm
車体製造所 アルナ工機
3500形を基準にデザインされた鉄軌道直通車両です。3701号は広電の電車としてはじめてフルラッピングが施されました。

3800形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1987年〜89年
編成数 9編成(3両連接車)
定員(座席数) 140人・152人(70人)
自重 37.9t・38.1t・38.4t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
26,860mm×2,450mm・2,496mm×3,820mm
車体製造所 アルナ工機
広電初のVVVF(可変電圧可変周波数制御)インバータ制御方式を使用した車両です。省エネ対策として回生ブレーキ付きのディスクブレーキを備えています。現在も宮島線直通運転の主力として活躍しています。

3900形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1990年〜92年・95年・96年
編成数 8編成(3両連接車)
定員(座席数) 152人(66人)
自重 38.0t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
26,860mm×2,496mm×3,820mm
車体製造所 アルナ工機
3800形と外見はほぼ同じですが、モーター出力の向上など随所に新しい変更を加え製造されました。3800形と並び、宮島線直通運転の主力となっています。

3950形

ページトップへ
車両の写真 製造年 1997年・98年
編成数 6編成(3両連接車)
定員(座席数) 152人(66人)
自重 38.0t
最大寸法
(長さ×幅×高さ)
27,360mm×2,496mm×3,820mm
車体製造所 アルナ工機
3900形をモデルチェンジした車両で、従来の「ぐりーんらいなー」から前面形状、外観塗装、車窓等を一新し、都市内交通の近代化を図りました。特にデザインは注目を浴び、1999年度サインデザイン賞を受賞しています。
ページトップへ