総合職(技術系)

概要

広島駅前大橋ルート完成後イメージ
(資料提供:西日本旅客鉄道株式会社)

画像はイメージであり、今後の設計及び関係機関との協議により変更する場合があります。

広島電鉄の技術を担う大事なポジションです。
電車が走るうえで必要不可欠な電気・線路・車両関係をはじめ、バスの点検・整備を行う車両管理、まちづくりを先導する不動産、社内システムを統括する情報システムなど、幅広い分野で活躍して頂きます!

  • 電気課
    電車の動力源となる電気に関する業務を担当します。電力設備や電車信号、通信設備などの保守管理をはじめ、電車のロケーションシステムの統括、駅新設・改良工事等に携わります。
  • 工務課
    線路や電停の保守管理および新設の際の設計などを担当します。多種多様な電車が走る当社の線路には、工務担当の技術が欠かせません。また広電本社前電停や広島駅南口の整備など、駅整備も担当します。
  • 車両課
    電車車両の保守管理および新規導入車両の開発等に従事します。また、車両機器の更新工事、新技術の導入や許認可申請など車両関係全般を幅広く担当します。
  • 車両管理課
    安全で快適なバス運行確保のため、用途、年式、車種別等、車両の特性を十分把握し、車両個別管理のもと、協力会社と共同で点検整備を計画・実施を担当しています。
  • 開発課
    不動産事業の中でも主に「所有する土地や建物の整備、組織再編」「購入した土地の造成、売却」を担当します。業務内容は計画から設計、建設、販売まで多岐にわたります。
  • 情報システム課
    ホームページの管理や情報資産の運用等の業務をはじめ、社内のセキュリティ監視や各種業務システムの企画開発・保守管理などを担当しています。

求める人材

私たちは、何事にも好奇心、興味を持ち、発想する方、行動する方を歓迎します。
当社には、車両及び関連する施設が多くあり、技術系の役割として保守メンテナンスを確実に行い、安全・安心な輸送の基盤を提供しています。また、これらを長期的に維持するため、新しい技術を取り入れながら計画的な更新も進めています。 そのためには、幅広い視野を持ち、課題を認識し、それを解決する方法を探求していく姿勢が必要になります。
今、広島駅前など街は大きく変貌しようとしています。当社もそのプロジェクトに大きく関わっており、技術系の社員が社内及び関係機関の方々と協力し、実現に向け活躍しています。
広島電鉄には、皆さんの新しい発想力、やる気を生かせる場面が数多くあります。ぜひ私たちといっしょに体現しましょう。

(電車事業本部 副本部長)

社員紹介

車両課
榊谷 和也

交通ICT事業課
小室 耀平

工務課
小池 拓也

電車企画課
松田 瑞生

開発課
善積 将裕

教育制度

入社後は、まず電車・バス・不動産の実務を経験する研修からスタート。先輩社員が相談・サポート役になる「メンター制度」も採り入れ、安心して一歩を踏み出せる環境を整えています。また、専門知識・技能の習得及び資格取得のため、社外通信教育団体の実施する講座を受講できる制度もあります。修了者に対しては受講料を全額会社が援助し、社員への自己啓発を奨めています。

BACK

TOP