企業·IR情報会社概要

ごあいさつ

代表取締役社長の写真

平素より広島電鉄をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

当社の運輸事業について、鉄軌道事業は広島市内を運行する市内線19.0km(軌道)と広電西広島~広電宮島口間の宮島線16.1km(鉄道)を合わせた、計35.1kmの営業キロがあります。また、自動車事業は広島県西部地域の広島市、呉市、廿日市市を中心に周辺市町に至る路線の乗合バス及び広島と山陰の主要都市(米子、松江、浜田)を結ぶ陰陽連絡路線や広島空港リムジンバス等の高速乗合バスを合わせた、計1378.9kmの営業キロがあります。鉄軌道事業と自動車事業を合わせ、一日当たり28.2万人のお客様にご利用いただいている当社にとって、輸送の安全確保は最も重要な使命です。

当社は、安全第一の意識を持って事業活動を行える組織体制の整備に努めるとともに、施設・車両及び輸送の安全確保を最優先事項として、私をはじめ従業員一人一人が安全・安定輸送の確保に努めております。

鉄軌道事業では、超低床車両の増備、駅・停留場の改良などによりバリアフリー化を推進すると共に、安全運行に資する整備として、レール交換、変電設備など電気施設の整備、信号保安設備の更新、車輪交換や制御器など車両機器の更新工事を実施し、保安度の向上に努めております。また、係員に対しては、定期教育・訓練や管理者による添乗・立哨等により、基本動作の習熟、安全意識の高揚を図っております。

自動車事業では、分かりやすく利用しやすい情報提供サービスとともに、ハイブリッドバス、ノンステップバスへの代替による車両の低公害化とバリアフリー化に努め、高速バス等ではEDSS(ドライバー異常時対応システム)装備のASV車両を順次導入し、安全性の向上を図っております。

また、健康に起因する事故の防止についても、定期健康診断に加え、様々な健診・検査などを実施することで健康管理の徹底を図っております。

本報告書は、鉄道事業法、軌道法及び道路運送法に基づき、2018年度の輸送の安全確保に対する取り組みを自ら振り返るとともに、皆様に広くご理解いただくために作成いたしました。

引き続き「安全と安心」を信条とし、社員一丸となって輸送の安全確保に取り組んで参ります。

本報告書をご一読いただき、当社の安全への取組みについて、ご意見やご感想をお聞かせいただきますよう、お願い申し上げます。

2019年7月
代表取締役社長 椋田 昌夫